速度が速すぎても遅すぎても燃料消費量は多くなる

自動車のスピードの燃費には大きな関係性があります。
通常、、自動車は街中を走行する場合は平均速度20キロくらいではないかと思います。その様な場合の燃料消費量は、かなり悪いと言えるでしょう。
この時、それなりに燃料を使っているのですが、遅いスピードで走行するため、燃費が格段に悪くなるわけです。
では、かなり早いスピードで走行している時はどんな感じなのでしょうか。
かなり現実的ではありませんが、例えば時速120キロの場合を想定してみれば話が早いと思います。時速120キロというスピードは、エンジンにとってはかなりの負担であることはいうまでもありません。なぜなら、そんあスピードで常時走行できるような設計にはなっていないからです。自動車のエンジンも、ボディも。序に、内装等もです。
そのため、スピードは速いのですが、燃料消費量は格段に悪くなります。
では、最適のスピードとはどの程度なのでしょうか。
時速60キロが経済的と言われますが、本当にそれは正しいのでしょうか。
実は、車種等によってまちまちであるというのが正直な感想です。
例えば、ハイブリッド車等は、信じられませんが、街中でタラタラ走っても、大して燃料は消費しないそうです。また、今の自動車は技術的に優れているため、平地で80キロ程度でもかなり燃費は良いでしょう。
テクスチャー09

コメント

コメントを受け付けておりません。