急発進、急加速、空ぶかし、急ブレ-キ、不必要なアイドリングはNG

通常の運転に必要のない操作により周りに不快な思いをさせたり、環境を汚染する行為を交通上の迷惑行為といいます。 主な交通上の迷惑行為の種類としては急発進や急加速や急ブレ-キ、空ぶかしや不必要なアイドリングなどがあります。

急発進と急加速や急ブレ-キなどの行為は、通常よりも車に過剰な負担をかけたり無謀な運転を行う迷惑行為です。 このような迷惑行為を行っていると、交通事故を誘発したり周りに不快な思いをさせる悪影響が出る場合があります。

空ぶかしや不必要なアイドリングは過剰にエンジンを不完全燃焼させることで、周辺環境を汚染する迷惑行為です。 これらの行為は、周辺地域に不快な思いをさせたり大気環境を汚染や騒音や廃棄ガスを撒き散らす等の悪影響を与える場合があります。

その他の交通上の迷惑行為としては、過剰にクラクションを鳴らす行為や車内の音楽を大音量で周辺に流す行為などがあります。

これらの行為は、いずれの行為も事故や環境汚染の誘発など周りに迷惑をかける行為であり行ってはいけないです。 運転を行う者は自分を行っている行為が迷惑になっていないかを自覚し、社会の決まりを守るように努めこのような迷惑行為を行わないようにする義務があります。 これらの行為が深刻な場合や法律違反に該当する場合、社会的な責任や賠償責任を問われることがあります。
テクスチャー08

コメント

コメントを受け付けておりません。