交通公害の防止

皆さんは車を運転されると、知らず知らず、交通公害を起こしていることがあります。1つは、騒音です。車のエンジン音というのは、意外と大きなものです。また運転していない近隣の方にとってみればアイドリング状態でエンジンを動かしていることが、騒音の原因となり、トラブルの元になることもあります。また、エンジンを改造したり、空吹かしをしたりしても騒音になります。二つ目は排気ガスです。排気ガスの排出量の多い車ほど、地域の環境を悪くしたり、二酸化炭素が多く発生したりと、非常に環境にも影響を及ぼします。また、これもアイドリングにすることで排気ガスの排出量が増える原因となります。これらを少しでも減らす為に、夜間はできるだけ騒音になるような速度で走行することを抑え、駐車場や信号機では、アイドリングストップを行い、近隣に配慮することが大切です。そして、排気ガスの排出量が多い車は、低燃費かつ低排出ガスの車にしたりすることで減らすことができます。また、車の渋滞もこれに含まれます。これを防ぐには、渋滞する車道を通らず、比較的空いてる車道を通ることで渋滞緩和につながります。小さな心掛けで防止することができますので、皆さんも実践してみてはどうでしょうか。
テクスチャー06

コメント

コメントを受け付けておりません。