排出ガスは何が有害?

自動車の排出ガス規制は年々強化される傾向にあります。では排ガスは何が有害なのでしょうか。
自動車の内燃機関から排出される物質中有害であると懸念されるものには一酸化炭素、窒素酸化物、炭化水素類、黒煙、粒子状物質があります。懸念されるのは、環境及び人体への影響です。
排ガス規制には様々なものがあり、年次改正もされていますが、昨今の顕著な例は自動車NOx・PM法です。この法律の主なねらいはディーゼル車の規制です(実際の規制対象はガソリン車、LPG車も含まれますが)。特にディーゼル車の排ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)と粒子状物質(PM)の抑制が主旨となります。窒素酸化物は主に大気汚染、温室効果、オゾン層の破壊といった環境への影響、粒子状物質や黒煙はがんや呼吸障害等の人体への影響が懸念されています。昨今のもうひとつの顕著な例は、低排ガス車認定制度の制定と低公害車の設定です。低排ガス車認定制度は、有害物質の排出が最新規制値よりどのくらい削減されているかを示すための制度で、認定された自動車は排ガスのレベルに応じて自動車税や自動車取得税を払う際に特例措置の対象となります(例:エコカー減税)。後者は、電気自動車、ハイブリッド車、圧縮天然ガス(CNG)車、圧縮空気車、メタノール自動車の5車種が狭義で低公害車に設定されており、認定車は税制面で優遇される等特別措置が受けられます。
テクスチャー07

コメント

コメントを受け付けておりません。